.log(ぽちろぐ)

カナダに語学留学してるおっさんの日記

飛ぶ劇場「彼女のすきま」2009/12/12 ソワレ

     40歳にさしかかる独身女性。その、隙間。

     絶賛しますよ雑な芝居に厳しいこの俺が。以下ベタボメだから、おまえら覚悟しろ!。

     役者、スタッフワーク、脚本、演出。全てが完璧だ!。狂気の世界が大好きな、俺の好みにドンズバ。モダンスイマーズ「トワイライツ」を抜いて、2009俺ベストプレイ。そして、俺が今までに見た飛ぶ劇場作品のなかで、最高傑作。俺がそう思うのは、内容と、俺の年齢境遇が近いことだけではないと思うんだ。

    ネタバレ要注意マジで!

     劇場に入ってまず、セットが素晴らしい。黒壁に白いパーツ。本番始まると、これに明かりが映えて、ものすご美しい。
     初見の印象として、すこし気味悪い。後にこれは、内容にドンピタはまってることが判るんだけど、冒頭では、洋館風だからかな?ちょっとずつ歪んでるからかな?と思っていた。

     最初のシーンで、なんだかホラーっぽい、なんで?と思ったら、後にその通りだった。ホラーを見せずにその雰囲気だけを醸し出すスタッフワーク、芝居、そしてその演出が実に巧妙だ。

     内山さんがとにかく素晴らしい。当て書きかな?。今までのどの作品よりも、生きている。
     存分に実力を発揮してる、かつ、押しつけがましくない。本当に素晴らしい。大事なことなので二回書きました。

     朝の明かりで、踊り場に立つスーツ姿の寺田さん。このシーン、ものすご格好良い。

     お父さんとお母さん。良い感じに狂ってるよソファ周り!。

     飛ぶ劇の、というか、乳原さんの明かりが好きだ。
     上手からのソースフォーにスリット、バックからの石目スパイラル。これら、気持ちの奥底がぞわぞわする効果。
     窓向こうの#86(?)も、いい感じに気味悪い。
     フラットな明かりの、人物の立体感が素晴らしい(壁が黒ってことも一助だ)。かつ、前明かり(Fr)を低い位置から打ってるので、役者の目がキラキラする。芝居が好きな人の明かり作りだ。プロだ。
     ということを、俺ごときが批評するのは失礼だ。
     だけど、若手劇団で、雑な明かりを作ってる事に心底イラつくし、プロに頼めばその分、芝居の品質が上がるって事を知るべき。明かりだけじゃないけど。

     選曲が好きだ。クラシックは大音量で聴きたいからね。SEも、細かく気を使ってあって好感。